髪へのNG!

髪の毛を増やすことを考えたときに、やってはいけないこと、髪の毛を増やすことにマイナスの作用なことはどんなことなのでしょうか。

 

まずは「睡眠不足」です。
寝ている時間が足りていないことから不健康になったり、食べたいここちもなくなったりたっぷりなエネルギー源が取れないのです。
それによって皮膚も潤いがなくなり、ヘアーに元気がなくなってきてしまうのです。
それらのもろくなったヘアーはシャンプーや髪の毛をとかすことで抜け、新しい毛が生えるエネルギー源もありませんから、薄毛の前進となってしまうのです。

※参考元サイト

 

ドライヤーの熱もヘアーを傷つけるので長時間の利用はさけたいものです。
出かける前などの時間のない時のシャンプーは、すぐ髪を乾かすためにドライヤーの熱を高い温度で利用する人もいると思うのです。
それがいつも継続されれば髪の毛を増やすことにマイナスの作用しかないのです。

パーマネントやヘアカラーなども髪を傷める原因になります。
パーマネントははじめに髪の毛のタンパクを分解して、それからカーラーを巻き、薬剤によって髪の毛にカールになるよう力を人工的に加えている状態なので傷めることを考えますと髪の毛を増やすことにはパーマネントはやらないのがベストなのです。

続いてUVです。前の記事でも取り上げましたがUVは肌や髪に大きな傷めることを与えてしまうのです。
スカルプの日焼けにはとりわけ気をつけることをおすすめします。
夏だけはなく365日、UV対策をすることをおすすめします。

※参考元サイト

 

喫煙も髪の毛を増やすことにはダメです。喫煙を吸うと血液の流れが悪くなります。
せっかくバランス良くエネルギー源をとっても、血の流れが悪かったらスカルプまでエネルギー源を運べません。
スカルプの細胞が生き生きと働いてこそ、髪の毛を増やすこと、発毛につながるのです。

参考サイト

スカルプを衛生的でない様子にすることもいけないのです。
髪の毛を洗うことををせずにほっておくと、皮脂、汚れなどで、毛穴が詰まってしまうのです。
詰まった毛穴は、発毛や髪の毛を増やすことにはほど遠くなります。

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ