髪の毛への限界温度

髪の毛というのは、艶があって美しい状態を保つために耐えられる
温度というのは70度と言われています。

しかも、既に傷んでしまっている髪の毛はその温度が下がっていっ
てしまいます。

つまり、70度になる前に温度に耐えられず、髪の毛の傷みがま
すます進行してしまうということです。

しかし、一般的には販売されているドライヤーというのはまだまだ高温
のものが多く、120度ぐらいの温度の風が噴き出すものもあります。

そういうドライヤーを使っている場合は髪の毛とドライヤーの距離を最
低でも20センチは離して使うことをおすすめします。

 

 

そうしないと、髪の毛はヤケドの状態になってしまって、どんなに良い
シャンプーやトリートメントを使ってもダメージのある髪になってしまい
、美しい艶のある髪にはなることはできません。

 

ドライヤーの中には低温で乾かすタイプのものも今はあります。

高温ドライヤーとは違い、髪の毛のケアを考えて作られている
ために、特にダメージヘアの方には良いかも知れませんね。

もちろん、今はダメージヘアになっていない人でも普段から低温
ドライヤーを使うことは今の潤いがあってツヤのある髪の状態を
維持するうえでもとてもいいことだと思います。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ