髪の性質の分析

人によって髪の毛の質や太さやクセなどが違うのはそもそもなにが違ってそうなるものなのか?それをまとめて説明しています。

1 ストレート&くせ毛
まず、ストレートヘアとくせ毛に分けられるのは毛根の形で決まります。
毛根がまっすぐな人はストレートヘアになります。
一方、毛根が曲がっている人はくせ毛ということになります。

(参考:くせ毛って遺伝?)

くせ毛の人でキューティクルが欲しいと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
これは毛根の形が曲がっているためにキューティクルが均一にならないと言われています。
日本人の約半分の人がくせ毛であると言われているんですよ。

2 硬さ
髪の硬い人と柔らかい人は何が違うのか、欧米人とアジア人でも大きく髪質はかわってきます。
一つはキューティクルの厚さによって変わってきて、層が厚くなればなるほど髪は硬くなります。
キューティクルの構造によって硬いか柔らかいかの違いが出るのです。だからアジアの人の髪は欧米に比べ硬くてしっかりしているので髪質自体も強くダメージをうけにくい髪質といわれています。主にエクステンションなどに使用されることが多いです。
また、髪の内部組織の量や、断面の形の違いも影響しています。

(参考:花王ヘアケアサイト)

3 髪の太さ
髪の太さはコルテックスの量によって太い髪や細い髪に分けられます。
コルテックスの量が多いほど太い髪になり、少ない人は細い髪になるということです。

平均的には0.05から0.15くらいまでの太さに幅がある(前述は細い人と太い人の差である。)

※さらに詳しく説明されているサイト

このように髪質は毛根の形やキューティクルの構造、コルテックスの量によって決まるのです。

体で言えば骨と筋肉と脂肪といったところでしょう。

髪質を変えたい!と思ったことがある人は多いでしょう。

髪質を変えたいときにはまず普段の生活から見直しましょう。

食生活の乱れは髪の質も変えます。健康的でキレイな髪をキープするには結局からだの内面からきれいにし

自分自身が健康的である必要があるということですね。

髪質を改善する商品はドラッグストアなどで多数、販売されています。

しかしこのような商品に頼るのではなく内面から改善することが髪質を変える大きな一歩となるのです。

マッサージで血行促進、自分にあったシャンプー、食生活を見直すだけでも違ってくるでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ