髪の伸びる限界

人の髪はどこまでも伸び続けるのか?と考えた事はありませんか?

答えは正確にわかってはいないようですが基本的にはNOらしい。

一番伸びやすい国では中国、インドなどで日本の平均は70センチ〜80センチくらいが

せいぜい伸びる限界のようです。

それ以上または以下であれば伸びやすい人と伸びにくい人と呼ばれるということです。

髪が伸びるのには、ホルモンバランスや、体調、精神面、ストレスなどの要因も関係してきますので「伸びるのが遅い」と感じる人は、←のバランスが崩れているのかもしれません。

基本的に髪の毛は3日で1ミリ伸びます、1ヶ月で1センチほどです。

毛髪は日に日に伸びてゆきます。

ふつう植物が成長するように、毛根が栄養を吸収して伸びる。といった漠然としたイメージを持っている人がほとんどでしょう。

たしかに、真皮の中に植物の根のような毛球部があり、ここに集まっている毛細血管から栄養をもらって、毛の細胞を作りをしています。この細胞が次々と作り出され、それがしたから押し上げられて皮膚の外に出てゆくことが毛が生えた、伸びてきた、とう現象になるわけです。

つまり、毛は伸びるわけではなく、押し出されていくということです。植物のように枝の先端から成長するのとは大きな違いです。

人種によってはストレートな髪がはえないアフリカ系の人々は平均で30センチが限界ともいわれているようです。

最高でも5年が一本の髪の毛の寿命らしいのでそれを超えると自然とぬけてしまうのです。なので5年で伸ばし続けて出た長さが自分の限界だと思ったら意外と短いですよね。

(中国一髪の長い女性)

(参考サイト:50年以上髪を伸ばした男性)

(参考サイト:12年間伸ばし続けて作る天然アフロ・ギネス記録)

ちなみに傷みを切ると早く伸びるという事はまずありえないと思ってください。

それよりかはよっぽど毛穴をきれいな状態に保って詰まりをなくして押し出しやすくしていた方がより早く伸びるというわけです。

いずれにせよ、やはり一番髪の伸びやすい中国でエクステンションの製造が行われていることは納得できましたね笑

※youtube参照

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ