長い髪について

以前「エクステって誰の毛?どうやって作ってるの?」をご紹介しましたが、世界には、何年も地毛を伸ばし続けてる人が結構多くいるようです。

こちらは、中国に住む倪林梅さん。
14年前から伸ばし始め、1年間で約15cmづつ伸び、現在は2.53mもあるようです。

 

髪をとかすのに1時間。シャンプーするのに2時間。完全に乾かすのに一晩。
洗うのは週に1回だそうです。(それだけ手間がかかれば…そうなりますよねヾ(・ω・;)ノ)
(参考URL)

他にも写真をいくつか…。

  
  
 

そして、最近話題になっていたのが、ブラジルに住む、ナターシャ(12)が12年間一度も切った事がない髪を、家の経済的理由から、日本円にして約41万~45万円前後で、売りに出すつもりとの事。
やはり、彼女もブラッシングに1時間半も費やしているらしいです。

  

そして、最後にこちらをご紹介します。

中国のヤオ族は広西チワン族自治区、湖南省、雲南省、広東省、貴州省などに住む少数民族で、人口は約264万人。
地域ごとの方言差、生活習慣なども異なり、盤ヤオ、山子ヤオ、紅ヤオなど多くの支族に分類されています。

この中でも紅ヤオ族が住む集落集落「黄洛寨」は、女性が髪を長く伸ばす「長髪村」として知られており、「髪の毛」見たさに同集落を訪れる観光客も多く、古くからの伝統が「観光資源」になっているといいます。

ヤオ族の女性は、長い髪を蓄える習慣があり、人生の中で髪を切るのは18歳の成人になった時一度だけ。
その時に切った毛も地毛と一緒に結い上げ、束ねておくようです。

既婚者は髪をお団子のように束ね、未婚者は束ねた髪を布で覆い、見せないようにしないといけないらしいです。
 

そして、びっくりするのが
「山の上に生えている特殊な野草と米の研ぎ汁を調合した液体で髪の手入れをしているため、年齢を問わず、女性たちはみんな黒々とした髪をもち、白髪は一本もない。(参考URL)」そして、洗った髪は自然乾燥させているそうです。

確かに、画像を調べていても、ある程度歳がいった女性も、黒黒としたキレイな髪を維持しています。(参考URL1/参考URL2)

 

度重なるカラーリング、パーマ、様々なスタイリング剤などを繰り返し、施術、使用している、先進国の現代人が、将来、どんな頭髪になってしまうかが、少し心配ですね(汗)

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ