美容業での職業病

美容の職業病として上げられるのは

手荒れ
これはシャンプーなどを行う美容師に多く、ひび・あかぎれの場合
洗剤の使いすぎ、カラー、パーマなどによる強い薬剤などが原因で一時的な場合が多いです。
接触性皮膚炎の場合がタチ悪く
一種のアレルギーですから中々治りません。

腰痛
たち仕事であり、場合によっては中腰などもあるのでなりやすい。

腱鞘炎(けんしょうえん)
これは、ハサミの開閉やブレイダーによる編み込み業を頻繁にするとなります。
普通、親指から手首などになりやすいようです

胃潰瘍
仕事のストレスと休憩がないため不規則な食事でなりやすく
仕事的に忙しい美容師になりやすいです。


同じ姿勢を続けるとなり易く
特に夏場のエアコンで、冬の寒さで
酷くなりますね。

便秘
不規則な食事と、便意をもようした時に
トイレに行けない事と運動不足がありますね。

膀胱炎
これは女性に多いんですが
尿意をもようした時にトイレに行けない
我慢をするとなりやすいですね。

 

それぞれの仕事に職業ならではの仕事はたくさんあるかと思いますが美容を専門にするスタッフもまたそれなりな職業病がつきものです。むくみなんていうのは一生きってもきれないものでしょう。無理をせず仕事が嫌いになることがないワークスタイルを作って職業病を克服しましょう♪

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ