美容国家資格の内容について

美容師国家試験は、筆記と実技があります。実技試験においては、衛生上の取り扱いも重要になります。
合格を目指すために、美容師をするうえで必要な衛生措置の知識をしっかりと頭に入れ、衛生的な扱いができるようになっていなければいけません。

【筆記試験】

筆記試験は、50問100分で行われ、合格点は60点以上になります。

【実技試験】

国家試験の実技は、第一課題としてセッティング、第二課題としてカットで構成されます。美容師として、重要な基礎技術になります。試験の内容は以下の通りです。
ー第一課題ー
セッティングの基礎になります。ワインディング、ローラーカールセッティング、オールウェーブセッティングと呼ばれる3つの技術から、試験直前に一つが発表されます。どのセッティングが試験に出題されるか分からないので、3つの技術を完璧にマスターしていなければいけません。

ワインディング:ロッド60本以上、制限時間20分

※youtubeより参照

ローラーカールセッティング:制限時間18分

詳しくはこちら

 

オールウェーブセッティング:制限時間25分

詳しくはこちら

 

ー第二課題ー

ヘアスタイルを作るために基本のカットになります。課題は1つだけになります。

グラデーションボブスタイル:制限時間20分

※youtubeより参照

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ