白髪染めとカラーの違い


白髪染めもヘアカラー(おしゃれ染め)も、どちらも同じように髪の毛の色を染めるということです。

どちらもカラーリング剤ということに変わりはないのですが、染める髪の質がまったく違います。
ですから、白髪染め、ヘアカラー(おしゃれ染め)というように区別されているのですね。

ヘアカラー(おしゃれ染め)と言うのは、基本的に色素がしっかり入っている髪の毛に色が入るように作られています。
一方白髪染めは、色素が抜けた髪の毛に色を入れるように作られています。
つまり、配合されている成分の量に違いがあるのですね。

例えば、黒髪の人の髪の毛をブラウンに染めるとしたら。
まずは、しっかりとブリーチ(脱色)をして、髪の毛の色素を抜かなくてはいけません。

そうしないと染料が入らないので、ヘアカラー(おしゃれ染め)の方がブリーチ剤の量が多く配合されているのが一般的です。

髪の毛の色を抜いて明るくなった髪に、色を入れるのがおしゃれ染めなんですね。

白髪染めと言うのは、カラーリングがメインではなく、白髪を染めるということに重点が置かれています。
白髪染めを使ってブラウンにするのであれば、ブリーチ剤よりもブラウンの染料の方が多く入っているということ。
そうすれば、白髪の部分にはブラウンが入りますし、髪の毛全体もブラウンがかったカラーリングが出来ます。

白髪染めもヘアカラー(おしゃれ染め)も、その髪の色みを合わせるように成分が配合されています。
だから、おしゃれ染めで白髪を染めようとしても上手く染まらないことがあるんです。
ですから、白髪を染めたい時には、白髪用の染め剤を使いましょう。

【自分で白髪染めをする時の参考動画】

【最近のおしゃれ染め(ヘアカラー)は泡タイプが人気です】

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ