痛んだ髪と健康的な髪

過度のカラーリングやブリーチ、パーマなど髪に負担がかかることをし続けてしまうと

基本的には頭皮自体にはそれほど影響しませんが、薬品を使って髪の表面や髪質を変えるのですか

ら、これは髪の内部にかなりの負担を及ぼします。キューティクルはもとより内部のたんぱく質に

も影響を与え、たんぱく質を構成するアミノ酸の変性や溶出を起こし髪はどんどん弱まっていきます。

 

痛んだ髪の毛先の様子 ↓ ↓ 参考サイト

 

それに比べ健康的な髪は食生活やストレスなどで大きく左右されるようです

外側からケアをどんなにがんばってもそもそもの内側がしっかりしていないと

ボロボロになって乾燥し、ばさばさな髪を作ってしまうようです。

しっかり栄養の行き渡った髪は毛先までしっかりまとまってつや、こしのある

きれいな髪となるのです。

 

きれいな状態の髪 ↓ ↓ 参考サイト

 

 

髪の毛の輝きで女性度は100%あがりますねっっw

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ