犬の美容師トリマー

世の中には人のためではなく動物を相手にする美容師、いわゆるトリマーという仕事があります。

トリマーは、犬のための美容師です。トリマーとは、(犬の)毛の不要な部分をカットし、形を整える「トリミングをする人」という意味です。犬の全身の手入れもするため、「グルーミングをする人」はグルマーと呼ばれることもあります。

※参考サイト

トリマーは、犬の種類によって決められたスタイルの基本を守り、その上で飼い主の好みを聞き、個性を発揮して自由にアレンジすることが基本です。

まず飼い主の要望を十分に聞いて、飼い主が満足できるように仕上がりイメージを確認します。次にペットの体を触って、体調をチェックします。皮膚病などを発見することがありますから、その場合は飼い主や獣医師に報告します。
カットのスタイルや犬の毛質によって、数種類のハサミやナイフ、バリカンなどを使い分け、カットしていきます。

※参考サイト

トリマーになるために必要な基本的な知識や技術を学ぶ専門学校や各種学校があり、こうした学校で学んでペット美容院やペットショップ、動物病院などで働くケースが一般的です。

ライセンスがなくても見習いで採用してくれるところもあり、アルバイトをしながら学校に通い、店と学校の両方で勉強をする人たちもいます。

学校で教えてくれないことを店で、店では学べないことを学校で、と犬が好きな人ならではの勉強ぶりです。

近年では犬やねこはペットではなく家族として確立しているのでお手入れは人間と同じようにするのが当たり前のよのなかですね。

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ