特許技術とは!?

特許とは、その権利を持っている会社等が「発明」を独占できる制度。
企業は開発した製品を特許として権利化し、その権利を武器に事業で利益を上げ、その収益の一部を研究開発に投じる。
こうして次の特許へとつないでいくのが研究開発から見た経営の知的創造サイクルだ。
特許にもたくさんの種類があって申請をだすにも30万〜くらいの
費用が必要であ

特許の有効期限は、特許出願の日から20年です(例外的に延長される場合があります)。

例えば、特許出願をしてから、その後、審査請求をして、審査があり、審査が終了し、特許料の納付して、特許権が発生するまでに、5年かかれば、特許の有効期限は、残り15年ということになります。

特許は有効期限がある理由は、特許出願後20年以上模型化し、社会の技術水準からみて高くなくなった技術について、独占権が維持されたままでは、本来社会の技術進歩のための制度であるべき特許制度が技術進歩の障害となってしまうおそれがあるから、とされています

 

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ