派手なカラーをしたい時にオススメ♪

派手な髪色にしたい時、オススメなのがマニックパニックです。

マニックパニックカラーって?

もともとNYのコスメブランドとしてスタートしたマニックパニック。絶対に髪を傷めないカラーリングができると、職業上カラーチェンジを避けられないセレブやスーパーモデルから絶大な支持を得ています。
◆ノンダメージが魅力◆
女優やスーパーモデルなどのセレブから指名を受けるには理由があります。それは、マニックパニックカラーがノンダメージだから。「塩基性カラー」という新しいジャンルのカラー剤で、欧米では、通称「ビタミンカラー」とも呼ばれます。分子量が非常に小さく、キューティクルの隙間から染められるため、ダメージの原因となるアルコールなどの溶剤を使う必要がありません。

◆トリートメント効果も抜群◆
マニックパニックカラーは、カラーリング剤というよりもまるで色のつくトリートメントといったほうがよいほど。主原料はハーブと酢酸なので、仕上がりはツヤが出て指通りも滑らか。そのほかにも海草から抽出されるエキスなどが配合され、カラーリングをするほど髪は美しくなります。髪にダメージを与えるアルカリは配合していないので、安心して年間計画を立てることができます。

◆カラーチェンジも手軽◆
マニックパニックカラーは、アルカリカラーに比べて、髪色の持ち具合はやや短め。それは染料の分子量が小さいため、水やシャンプーによって色落ちしやすいという特性があるからです。色が抜けやすいと言うことは、色を変えやすいということ。メイクアップと同じように、髪にダメージを与えることのないカラーチェンジを気軽に楽しみましょう!

◆鮮やかカラーはお手のもの◆
上品で鮮やかなカラーは、マニックパニックならでは。日本人の黒髪もアルカリカラーで髪色を明るくしてから(ベースカラーといいます)マニックパニックカラーで染色していくので、通常ではキレイには入りにくい鮮やかな赤やオレンジなどのカラーもお手のもの。また、混ぜても色がにごりにくいため、一人一人に合わせたオリジナルカラーを実現することができます。

◆ベーシックカラーも美しく◆
もちろんマニックパニックカラーが得意とするのは、鮮やかな色味ばかりではありません。オフィスに勤める方が違和感なく楽しめる、茶色のバリエーションもカラー剤を混ぜ合わせることで無限に作ることができます。また、日本人向けとしてオリエンタルラインのブラウンも発売されています。NYセレブが夢中になっているマニックパニックカラーをいち早く体験してみて!

◆しかも家でも簡単に使える◆
一般的にNGとされるホームケアも可能です。アルカリカラーと違いトリートメント感覚で使え、取り扱いが手軽です。次回サロンに行くまで、美しい髪色を持続することができます。ただしマニックパニックカラーだけでは髪を明るくできないので、あくまでも褪色を防ぐメンテナンスに留めること。またカラーチェンジは、色味のコントロールが難しいのでおすすめできません。

芸能人などで言うと、
叶美香さん

Xjapanのhideさん

まちゃまちゃさん

AIさん
  

Rihanna(リアーナ)

Katy Perry(ケイティ・ペリー)

海外では、こんな面白い使い方をしている人たちがたくさんいます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ