様々な髪の色と傾向

《黒髪》

黒髪は日本をはじめとする東アジア、アフリカ、南アジア、中等、太平洋諸島のほとんどの民族で見られる髪の色です。

あらゆる地域の民族で黒髪は発生する可能性があります。

黒髪は大量のユーメラミンを含んでおり、毛髪の太さや髪の量、遺伝的性質において栗毛とほぼ同様で、太くコシがありとても強い毛質をしています。

しかし個人や民族に依存しる髪質の違いがあり、例えばほとんどの東アジアの人々は直毛の黒髪を持つ一方で、アフリカの人々は非常に縮れた曲毛の黒髪を持ちます。

日本では昔ツヤがあって美しい黒髪を「烏の濡れ羽色」と呼んで、日本人女性の理想としてきました。

 《栗色》

栗毛は黒髪と同じくあらゆる地域に見られます。

多くの場合は地中海沿岸や中東などで、最もありふれた髪の色となっています。

栗毛と金髪は共通の遺伝子に基づいており、黒髪ほど一般的ではありません

栗毛はあらゆう種類の瞳や皮膚の色と同時に現れる可能性があります。

栗毛は金髪よりも多くのユーメラニンをふくんでいますが、黒髪の遺伝子と違ってフェオメラニンもふくんでいます。

ヘアカラーでも1番多いカラーですが、実は日本人で完璧な黒髪というのは少なく、少し赤みがかった色をしている人が多いんです。

 《金色》

金髪は人間には比較的にまれにしか見られない髪色で、全人口の1.7〜2%しか見られず、天然の金髪の大部分は白人になります。

確かに、金髪と言えば白人! というイメージが強いですが、白人だからといって必ずしも金髪である可能性は低く、むしろ栗毛や黒髪の人口の方が多いんです。

多くは金髪にヘアカラーしています。

基本的に金髪は青や緑などの明るい瞳の色やピンクベースの色白のそばかすのある肌と関連しています。

稀にオーストラリアの浅黒い肌を持つ人々の間に一般的に現れることもあります。

金髪にも種類があり、白に近い色(プラチナブロンド)、暗い色のダークブロンド、金髪と赤毛の混ざった珍しいストロベリーブロンドもあります。

金髪は最も細い毛髪となっていますが、ほかの髪の色より多量の毛髪を持っており、平均して14万本の毛髪を持っています。

《赤毛》

赤毛は全世界的に最も珍しい色の髪であり、スコットランドやアイルランドで比較的多く見られますアメリカでは人口の2%が赤毛です。主に白人の間で見られ、鮮やかないちご色から深いワイン色まで様々です。赤毛は最も太い毛髪と最も少量の毛髪を持っていて、平均して9万本の毛髪を持っています。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ