手作りでヘアトリートメント

最近、トリートメントを手作りで自分の髪質にあったものを作るセルフトリートメントが流行っているのはご存知ですか?

身近な食材やアイテムで驚くほど即感性のあるトリートメントを作る事ができるんです。

今回は手作りトリートメントの中でも有名な3つの食材を使ったトリートメントをご紹介します。

タマゴ/ヨーグルト/蜂蜜の3つを使用。

【タマゴトリートメントパック】元気のない髪、若さが欲しい人向け

1)髪の量などに応じて必要分タマゴを用意(大体は1から2個)

2)シャンプー前の湿らせた髪に、タマゴをよくすりこみ20分間、放置します。

3)水でタマゴを洗い流してから、その後シャンプーをします。(この時熱いお湯で洗い流すと、タマゴが固まってしまうので要注意です!)

4)このトリートメントは月に1度くらいがおすすめです。

※ポイントはノーマルヘアの人はタマゴ全部、乾燥がちで痛んだ髪には黄身だけを使ってください。

【ヨーグルトのヘアトリートメント】艶のない髪質の人向き

ストレスにあるパサつきヘアには乳製品のヨーグルトがオススメ。乳酸がほこりや汚れを落とし、乳脂肪でしっとり仕上げてくれます。

1)シャンプー前の湿らせた髪に、プレーンヨーグルト(ノンシュガーのもの)を半カップほどよくすりこみ20分間、放置します。

2)タマゴ同様、最初にぬるま湯で洗い流し、そのあとは通常通りシャンプーをします。

3)このトリートメントは週に1度くらいがおすすめです。

【ハチミツのヘアトリートメント】乾燥した髪、日焼けでダメージを受けた髪の人向き

乾燥にもっともいいとされている蜂蜜。髪だけでなく肌や体内に取り込むのにも健康的ですぐれた原材料です。

1)ハチミツを半カップほどよくすりこみ20分間、放置します。はちみつのみでべたつきを感じやりにくい場合はオリーブオイルなどを一緒にまぜてあげるとより塗りやすくなるかと思います。

※参考サイト

2)ぬるま湯で洗い流し、そのあとは通常通りシャンプーをします。

日焼けやブリーチ毛など極端に髪が痛んでいる人は、このハチミツに卵黄を大さじ1、2杯混ぜてみてください。
このトリートメントは月に1度くらいがおすすめです。

他にもまだまだ身近なものを使った手作りアイテムはたくさんあります☆オリーブオイルやホホバオイルなども万能オイルですのでぜひチェックしてみてください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ