成人式

成人を祝う儀礼は古い時代から存在し、男子には元服・褌祝、女子には裳着・結髪などがありました。
文化人類学や民俗学において、こうした儀式を通過儀礼の一つとして扱っています。

日本における今日の成人式の形態は、終戦間もない1946年11月22日、埼玉県北足立郡蕨町(現蕨市)において実施された「青年祭」が始まりとされているようです。

 ※参考元サイト

蕨市などでは現在も「成年式」と呼んでいて他にも成年式と呼ぶところもあるらしい。

蕨市の「成年式」に影響を受けた国は、1948年に公布・施行された祝日法により、「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと、翌年から1月15日を成人の日として制定しました。

それ以降、ほとんどの地方で成人式はこの「成人の日」に行われるようになりました。

しかし、今現在では成人者のモラルの低下が大きな社会問題になっているのはご存知でしょうか?

式典に参加せずお酒をあおいで大騒ぎ、暴言暴力、秩序欠落などこれからの世代交代を期待しておこなわれている式の途中でこういった一部の成人者が年々増えて来ているのが事実です。

他にも学力の低下なども指摘されているという。

しかし、もちろん成人式では悪い事ばかりではなく華やかな振り袖などを身にまとい、単価の高い着物を着用する新成人が多いため、呉服業界にとって成人式という行事は最大の稼ぎ時とされています。
そのため、成人式のモラル低下が問題視される一方で、子どもの成人の記念に着物を着せてあげたいという親からの要望や呉服業界からの要望もあって成人式を続けている自治体も多く存在しています。

近年、日本人の呉服離れが深刻化し、呉服店自体も減少の一途をたどっていますが、この成人式は若者に日本の呉服のよさをアピールする絶好の場となっていることも事実です。

また、新成人の化粧・ヘアメイク・着付けなどをする美容業界にとっても、成人式という行事は稼ぎ時とされています。

そのため、美容室は通常よりも早い時間から営業を開始し、着付けが出来る年配の女性や手伝いをしてくれる人を日雇いして、大忙しの1日となります。

 ※参考サイト

その他、成人式当日に着付けが終わった新成人が記念写真を撮る写真館でも宣伝に力を入れたりするなど、成人式に関連するビジネスは今後も顧客獲得競争の熱を増していくことでしょう。

これまで成人式の本来の意味や由来、問題点などご紹介してきましたがこれは成人式に限らず言えることですが、まず自身が何かの行事に参加される際はその行事の本来の意味をしっかりと理解しましょう。
そして、理解したうえできちんとした心構えを持ってその行事に参加するようにしましょう。
そうすればおのずときちんとした考えを持った成人になることが出来ると思います。

2013年成人式、髪型

 

 
(参考サイト)

他にもちょっと個性的な成人式スタイルもあります。

 

上記のスタイルは大阪にあるサロン「DaLi HAIR DESIGN」の作品です。
着物のレンタル、ウィッグのレンタル、着付けから撮影までトータルでおこなってくれるそうです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ