巻き髪を一日中キープするポイント

朝一生懸命まいた髪も夕方になってほぼとれてしまった・・・という経験はないだろうか!?

むしろ夕方からアフター5で遊びに出かけたいのにだるだるな巻髪でテンションがた落ち↓↓という散々な結果にならないようにちょっとした工夫とコツでせっかく巻いた髪を一日しっかりキープしよう!

巻き髪が取れなくなるポイントはこうだ☆

1:根元をキチンと乾かす

2:ベース剤を使いこなす

3:しっかり熱を伝える

4:ブロッキングする

5:仕上げに冷風を

きちんと乾かすのは基本中の基本!

湿気で髪が広がったりするのはよくご存知であるかと思うが濡れてる髪は傷みの原因でもあるし取れやすい以前の問題で巻き後がつかない。しっかり乾かそう!

ベース剤というのは巻き髪用キープスプレーやカールローションなどをいう。


※発売元サイト

このようなスプレーなどを最初に塗布してその後巻き髪などをするとしっかりとしたカールがキープできる!

オーバードライにもなりにくいので傷みも軽減される。

一度にたくさんの量を巻きつけるのではなくブロックをしっかりとって細かく分け、一つ一つにしっかり熱を加えよう。

無理矢理な量で巻くと中に熱が通らずくせは残りにくい。
カールは重力に逆らっているので伸びている毛が勝ってしまう。
そのため髪全体にしっかり熱を加えることは重要である。

最後に熱を冷ます必要がありその際にドライヤーの冷風が役に立つ。
カールはそもそも熱を加えたことによって付くのではなく熱を加え、形状を作った後さめるときに形を記憶していく。
なので冷める前にブラッシングしてみたり手ぐしを通すのは間違いで、しっかり冷め切ってから触るようにしよう。

だからほっとカーラーなどを使用してカーラーがさめてからっはずすととてもキープ力が強いのはその為である。

そしてしっかりさめてからハードスプレーやワックスなどでスタイルキープをしていくのが巻き髪の正しい手順である!

めんどくさいようだがこのポイントをしっかり抑えとけば晴れの日であれば少なからず寝るまではキープできるであろう。

※参考サイト

こちらは、コテでもホットカーラーでもなく、身近な物で寝てる間に巻き髪を作ってしまう驚きの動画です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ