季節の変わり目に抜け毛

髪の毛は通常、成長期(2~6年)、退行期(2週間)、休止期(3~4カ月)の三つのサイクルで発毛と脱毛の入れ替わりが行われる。何らかの原因でこのサイクルが壊れると、早い時期に退行期に移る。成長しきる前に毛が抜け、全体として薄毛が目立つようになる。


※参考画像:メンズ・オアシス

薄毛の原因は、遺伝、加齢、ストレス、睡眠不足や偏った食事といった生活習慣など、人によって様々。男性ホルモンとも大きく関係していることがわかっている。

※参考画像:
諦めるのはまだ早い。男性特有の薄毛・AGAは治せる!

9月など季節の変わり目に抜け毛が多い理由は「毛が生え替わる」という動物に特有の生理現象のほかに、夏の強い紫外線の影響で頭皮の細胞が老化することなどが挙げられる。


※画像参考:女性のための育毛講座

今は若年層でのちょっとした抜け毛で精神疾患にまで陥る人が増えているらしい。
外見を気にし過ぎて異常なまでに抜け毛を気にし鬱状態になるというのだ。
そういった場合、抜け毛治療と同時に精神的治療も進めなければならなくなる。

毛髪は1本1本ヘアサイクルが異なり、脱毛の時期がずれるため、通常は一度にまとめて抜けることはない。

基本的には季節の変わり目は動物として生きるものたちの抜け毛、つまり毛の生え変わりの時期でありあたりまえにくるサイクルだということであるようだ。


※参考画像:女性のための育毛講座

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ