女性脱毛症

 

脱毛は、男性だけではなく、女性にも起こりうる現象です。

脱毛症にもいくつか種類がありますがまず

びまん性脱毛症について説明します。

※参考元サイト

 

 

「瀰漫(びまん)」とは一面に広がるという意味です。

ゆえに、びまん性脱毛症とは、局所的にではなく、頭部において均一的に脱毛が見られる症状で、全体的に薄毛の状態になります。

女性に多く見られる脱毛症のため、「女性型脱毛症」とも呼ばれており、以前は壮年の女性が対象とされていましたが、近年ではストレスやパーマ及びカラーリング剤などの多用により、20代や30代から症状が現れる人が急増しています。

原因としては主に下記の5つが挙げられます。

  1. 老化・・・加齢に伴い、毛細胞の老化や、動脈硬化による血行不良などが起こり、毛根が衰えて脱毛します。60代になると、程度の差はあるものの、誰しも老化による脱毛は経験します。
  2. ストレス・・・女性の社会進出増加により、ストレスを抱える女性が多くなっています。過剰なストレスを感じると、緊張により頭皮が硬直し、血流や血行が悪くなり、脱毛の原因となります。
  3. ダイエット・・・極端な断食や摂食などによるダイエットを行い、栄養失調を起こすと、髪にまで栄養が回らなくなり、抜け毛の原因になります。
  4. 経口避妊薬(ピル)・・・女性ホルモン「プロゲステロン」が含まれるピルを一定期間服用した後に中止すると、ホルモンの乱れにより一時的に発毛が見られなくなり、時としてびまん性脱毛症を引き起こす要因になります
  5. 過度なヘアケア・・・スタイリング剤やパーマ、カラーリング剤の多用による頭皮への刺激がもとで毛根がダメージを受け、脱毛が促進されます。

 

 

一般的に女性の脱毛症は男性の脱毛症よりも改善しやすいので、生活スタイルの見直しや、ホルモン剤以外の育毛剤の使用により、比較的短期間で解消される方が多いようです。

ストレスの解消や健康的なダイエットを心がける他、スタイリング剤の濫用は避け、パーマやカラーリングは十分期間を置いて使用するなど、それぞれの原因に対して細心の注意を払うことが必要です。

日常でも、十分な睡眠、バランスのよい食事など、規則的な生活に努めれば、それだけびまん性脱毛症のリスクは減ります。

これら生活スタイルの見直しに加え、血管拡張作用や栄養補給の効果を持つ育毛剤を使用すれば、大抵のびまん性脱毛症は改善されます。

 

画像参考

画像参考

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ