大銀杏という力士のヘア

大銀杏(おおいちょう)

大相撲において、十両(十枚目)以上の関取が結うことができる髪型である。

また、幕下力士でも、十両との取組がある場合や、弓取式を行う際には結うことができるらしい。

髷(まげ)の先端が銀杏の葉に似ていることからこの名がある。

江戸時代、まだ力士も月代を剃っていた時代は今とは逆に髷の後ろを真上から見た時に銀杏の葉の形に似ているためにこう呼ばれていた。

本来は銀杏髷と呼ばれる結い方のバリエーションで、髷の部分が大きいものを大銀杏と呼び、江戸時代の武士に好まれた結い方であった。

関取経験のない力士でも生涯1度だけこの大銀杏を結う機会が与えられる。

引退後の断髪式では最高位に関係なく大銀杏を結って行うことになっているためである。

ただし親方と話をつけずに逃げ出して辞めた場合はこの機会は失われる。

よく「大銀杏を結えない力士は引退しなくてはいけない」と言われるが、これはまったくの誤解らしい。(ハゲてしまったということ)

北勝海信芳は横綱昇進後髪が薄くなり、大銀杏をかろうじて結えるほど薄くなった為、北勝海はハゲが原因で引退したと言う俗説も流れたが、真相は持病の腰痛が悪化し、現役続行が困難になったためである。

 ※参考サイト

確かにそれを理由に引退した力士もいたかもしれないが、あくまで当人の美意識にまかせられる問題であって、大銀杏を結えないことで、出場停止などの罰則が与えられることはない。

ちなみにこのまげを結う人を床山といいいわゆる専属である。

力士にとってまげはサラリーマンにとってスーツであるほど当たり前で象徴である。

大銀杏の髪結い実演動画を最後にご紹介します。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ