各国の美容室

~ジャマイカの美容室~

髪の毛を少しずつ分けて編みこんでいくと、とうもろこしの粒が並んでいるように見えることから名づけられた‘コーンロー’スタイルが主流。ジグザグに編んだり、頭の両脇から編み上げていくモヒカンスタイルだったりバリエーションは無数。ジャマイカのサロンでの編みこみは日本よりずっと安価。フルのコーンローがこのサロンではJ$1,500(¥2,300)。髪の長い女性だったらハーフ(前頭部から頭の上まで)の編み込みだけでも、いつもと違う雰囲気になり、イメージチェンジできて楽しいですよ。

ディナーにお出かけ、という客の要望でドレッドを編みながらアップにしていくカラフルで明るい店内。スタッフも負けずに明るく、仕事は流れるラジオにあわせてみんな歌いながら

~インドの青空美容室~

P5023858

↑目に入ったのがインドのいたるところで見られた青空散髪。“100バーツ(約262円)カット”。日本でいう1000円カットのようなものなのでしょうか? 思わず安さに惹かれ、お店に入ろうと思ったとき、中から「ガーッ」というバリカンの音が!!!…男性向けのようですね笑

↑もちろんインドの店舗美容室もあります。インドではヘナによるカラーやトリートメントが一般的なようです☆

P6267373

↑タイのバンコクにはこんなイケメン美容師さんも♪日本人の要望も受け入れてくれたちょっと割高な高級美容室なようですよ☆

↑こちらは台湾(左)中国(右)のシャンプーの様子。んっ!?って思う方もいるかと思いますが座ってまずはシャンプーなんですね☆その後洗い流すのは移動してちゃんとシャンプー台で洗い流すそうです。

↑こちらはフィリピンの美容室の様子。上の写真は施術を待っている客がたくさんいる状態を撮っています。店内が狭いのでこのようなスタイルになるんだとか。フィリピンも先ほど同様に座ってシャンプーのようですね♪

 

まだまだ各国独自の美容室の様子があるかと思います。興味ありますね笑最先端をいくフランスやイタリアの様子なども今後UPしていきます♪

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ