前髪ウィッグ使用方法

今やエクステンションのみならず部分ウィッグも当たり前のように存在している。

もちろん医療用などは前からあるが部分用もオシャレウィッグとしてだ。

例えば、襟足タイプのウィッグ。

(楽天:ラブズウィッグ)

お団子や、結んだ地下に巻きつけるタイプのロープウィッグ。

(楽天:エースハイ)

結んだ地毛にクリップ付きの部分ウィッグで挟むタイプ。

(楽天:リネアストリア)

こちらは「部分ウィッグ」とは言えるかわからないが、三つ編みタイプのカチューシャ。

(楽天:エースハイ)

ここ最近では、前髪をその日だけ短めにできる前髪ウィッグなども人気となっている。

前髪のあるべき高さに調節して備え付けられているピンを止めて固定し地毛となじませて完成!というとても簡単な使用方法である。

中には耐熱ファイバー以外にも人毛でできた前髪ウィッグなどもでてきているのでより自然な仕上がりを要求できるとのことだ。

※参考元サイト

装着方法をわかりやすく動画であげているのでご紹介↓

http://youtu.be/cgNhDASCPks

あえて部分ウィッグのデメリットを挙げるとすれば、自分の髪色と同じ色のウィッグを見つけるのが少し難しいところかもしれない。

しかし、学校や仕事などで、髪型の規制がされている人たちにとって、エクステ、フルウィッグよりもお手気軽に、そして簡単、低コストでイメチェンできるのが部分ウィッグの利点である。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ