前がみパターン

前髪は分け方や下ろし方で見た目の印象がおおきく変化してみえます。
前髪を分けて流しめにしたりすると大人っぽく見え、前髪を下げているほうが、小顔効果は高いのだそうです。

前髪をタップリ下げていると、顔の印象が暗くなるので、髪の色を明るめにすると、前髪をたくさん下げていても、重たい印象にならないようです。

 

  画像参考サイト

前髪にはいろいろなパターンがあります。
「フルバング」
目尻くらいまでの幅の厚めの前髪。かわいらしい印象に見えます。面長の方は縦長の印象をやわらげる効果あり。毛量の多い方は奥行きを広くとって、サイドに落ちる毛量を減らす事が出来るが丸顔やベース型にはやや合わせづらい。
 画像参考サイト
「ワイドバング」
目尻を超える幅広の前髪。フルバングより横幅を強調するので、丸顔の方は避けたほうが無難です。
「ななめバング」
どんな顔型にも比較的合わせやすい斜めバング。汎用性の高い前髪です。
「流しバング」
サイドのレイヤーとつながっている長めの前髪。直毛の方はパーマをかけるのがベター。上品でエレガントな印象になります。面長の方は縦長を強調してしまうのでNG。
画像参考サイト
「センターパート」
長めの前髪を(前髪無しを)センターで分けた状態。長いとエレガントに短いとカジュアルな印象になります。顔幅を狭く見せる効果があるので面長の方は避けた方が無難。前髪が短いと裾広がりの印象になるので、エラが張っている方はNG。
「シャギーバング」
毛量調節を施したシャギー感のある前髪。斜めバングと同様に汎用性が高い。ワックスで動かせばアクティブな印象に。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ