切れ毛

日本人の髪の毛は外側からキューティクル、コルテックス、メデュラの3層構造になっている。

サイト引用

一番外側にあるキューティクルは、硬いタンパク質がうろこ状に重なっているので、ブラッシングやシャンプー、ドライヤーなどでダメージを受けてはがれやすい。

剥がれた場合

ブログ引用

キューティクルがはがれてしまうと、その内側で髪の弾力性や太さを出すコルテックスが薄くなり、髪が痩せて細くなり枝毛や切れ毛が増える。髪のボリュームが減って見えるのも、コルテックスの層が薄くなることが原因。

髪の毛に栄養が行き届いていないときに起こることが多い

切れ毛の原因は、食生活が関係していることもあります。
切れ毛は髪を作っている栄養素(たんぱく質やミネラル)が不足することでも発生するので、正しい食生活の見直しをすることも切れ毛対策の一つになると言われている

サイト引用

他にもストレスや睡眠不足も髪の毛に大きな影響を及ぼすと言われてる。こちらは実証済みの結果で体内と直接毛穴でつながってるからこそタバコや栄養不足などが大きく反映しやすくなるようだ。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ