レミーエクステンション

ヘアエクステ業界では2012年現在において値下げ競争と化して次々と閉店しているお店も少なくない。

「エクステなんか古い」「エクステは若い子がするもの!」

というように成人を超えたら卒業しなきゃみたいな風説があるようだ。

実際は、昔のヘアエクステの使い方はファイバーなどのカラー発色のよいものでメッシュのようにアレンジとして使用することが多く、見た目を華やかにできるので若者向けという傾向にあったのは事実である。

しかし本来エクステンションは髪の毛を伸ばすことを目的とし、スタイルチェンジする年齢問わないスタイルのはずだ。

現に単価自体安いものではなく1万円を前後するのが主となっている。

そんな中エクステンションのランクとしては最高級に位置するレミーエクステなるものが今求められ始めている

20歳以下を対象とした原材料でキューティクルの方向から毛先の長さの統一までこだわりぬいてより長持ちしサラサラ感を持続させた高級人毛エクステが注目されている。

都内でもこのレミーエクステを扱うお店は少なくない。

主力商品となっている店舗は安売り競争の輪からいち早く抜け出せたといってもいいだろう。

実際にレミーエクステを取り扱う店舗などではブログや広告などで大々的に公表して良さを伝えている。

レミーを扱うお店のブログ引用

通常一ヶ月前後での寿命とされているエクステンションだがレミーエクステでの持ちは倍近くに変わり更には再利用できるほどの違いがあるという。

たまに目にするぼさぼさで広がって絡まっているのが目に見えるようなエクステをつけた女性がいるがやはり目に余るものがある。

ロングヘアを選んだのであればきれいな髪を持続し触りたくなるような髪をキープしてほしいと思う。

これだけ簡単に髪の毛を伸ばすことが出来る世の中、一刻も早く薄毛を手軽に増毛できる技術が浸透してほしいものである。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ