ヘアカラーについて〜パーソナルカラー〜

ヘアカラーは明るさと色味で分けられます。 トーン(明るさ)が数字で表され、それに色味があります。
色味はレッド系、ピンク系、オレンジ系、イエロー系、マット系、アッシュ、パープル系、グリーン系などがあります。
ヘアカラーは肌と瞳の色味にあったものを選ぶことが大切です。肌がピンクベージュ系の方は赤みの入ったロゼ系/ウォーム系/ナチュラル系ブラウンが、オークル系の方は赤みが抑えられたナチュラル系/ゴールド系/グリーン系ブラウンが似合う色になります。 また瞳の色が明るい方は明るめの色を、暗い方は暗めの色を選ぶとよいでしょう。

さらに髪質によって似合う色を選ぶ場合は以下を参考に選んでみてください。

・落ち着いた印象にしたい
・白髪をしっかりカバーしたい   暗めのトーン

・全体を明るくしたい
・軽やかな印象にしたい 明るめのトーン

 

他にもカラーを選ぶ際にはパーソナルカラーを参考にするとよいでしょう。

「パーソナルカラー」とは、簡単に言うと「自分に似合う色」を、知る事から始まります。

パーソナルカラー診断

 

似合う色は自分を生き生きと見せ、明るく魅力的にします。反対に似合わない色は、病的・老けて見えたりしてしまいます。「パーソナルカラー」は、自分を知る重要なポイントで、それを身につける事で、自分のベストを見せることが出来ます。
人との初めての印象は2~6秒で決まると言われ、相手のパーソナリティを服装(服の選び方、メーク、へスタイル、装飾品等)、話し方、表情等で一瞬のうちに判断します。
又、自分に一番似合う色、自分の「ベストカラー」は、内面の現れでも変わる事が有ります。

人をイメージメーキングする時、「ベース」になるパーソナルカラーを第一に考えます。
一度自分の「カラー」や「スタイル」がわかると、色々な事に使えます。
洋服、髪型、インテリア、アクセサリー、生活などにおいて発揮できます。とても大事なことです。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ