ヘアの歴史

ヘアスタイルが多様になったのは、戦後になってからのこと。

アメリカ文化に近づこうと、茶髪やパーマヘアにする女性が増えていきました。

シャンプーが普及しはじめたのは、昭和30年代(1955~1965年)から。

シャンプーが粉末から液体へと進化したのもこのころです。

1960年代に入ると、ロンドンでヴィダルサスーンが登場。

ハサミで髪をカットするという新しい技術を広め、

「ヴィダルサスーンカット」と呼ばれるボブスタイルが世界的に流行しました。

その技術は日本にも入ってきて、

髪をカットする道具がカミソリからハサミへと移行していったのです

 

サスーンのファンの一人として世界的デザイナーのコシノジュンコが

 

ゆうめいである。

 

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ