ブリーチはヘアカラーではない

「ブリーチ」とは髪の中にあるメラニン色素という黒い色素を脱色して髪の色を明るくするときに用いる薬です。
日本人は、髪の中にあるメラニン色素がとても多いので髪が黒く見えるそうです。

(参考サイト)

この薬は最初の10分くらいでブリーチ作用が働き、メラニン色素を破壊します。
そのあとの10分ほどで、好きな色素を髪の中に入れていくのです。
(参考サイト)

これを聞くと、ブリーチやカラーで髪が傷むというのも、納得ですよね。
すごく髪を明るくする場合は、ブリーチ・ヘアカラーを両方おこなう場合もあります。
痛みももちろん激しいですが、色見はこのほうがきれいに入ります。

ブリーチをする時の注意点は、肌に合っているかどうかということです。
ブリーチで頭皮を傷めてしまったり、ということがたまにあります。

特に子供はまだ頭皮が弱いので、炎症を起こしやすいと言われています。

(参考サイト)

ちょっとでも痛いとかしみると感じたら即中止してください。
それから市販のブリーチはあまりおすすめできません。

自分でやるのはお金もかかりませんが、やはり失敗や事故のもとにもなります。
美容師さんと相談してブリーチをおこなうことが望ましいです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ