フケの原因と対策

フケは大きく分類すると、「脂性フケ」と「乾性フケ」に分けられる。

皮膚は常に皮脂を分泌している。様々な外的影響により、分泌が多くなった状態を脂漏(しろう)と呼ぶ。 脂漏の状態では皮脂の分泌が多くなることで角質層がはがれ落ち、それがフケとなる。

正常な頭皮

フケがある頭皮
※参考サイト:MONAD-CLINIC頭皮・薄毛クリニック

いわゆる脂性フケの原因となる「頭を洗わない」「睡眠不足」「食事バランス」「ホルモンバランス」「ストレス」などがあり頭皮の脂が角質層となってはがれ落ちたものがフケである。

脂性に対して乾性フケは脂が少なく肌が乾燥することで頭皮がダメージを受けフケが生じる。アトピーなどの症状を持つ人のフケもこちらに分類される。

予防対策としては、頭皮を清潔に保つことがやはり一番有効てきである。原因が、皮脂の分泌過多であるため、まずそれを取り除く洗髪(シャンプー)が効果的である。洗髪は毎日行うことが理想で、シャンプーは出来るだけ低刺激のものがよい。ただ、洗髪のし過ぎなどにより頭脂を必要以上に奪われ、逆に異常な分泌を促し、フケ症を悪化させることもあるので注意しよう。

楽天口コミが高いシャンプー

頭皮が脂っぽい方に【コラージュフルフルネクストシャンプー すっきりさらさらタイプ

頭皮が乾燥しやすい方に【コラージュフルフルネクストシャンプー うるおいなめらかタイプ

季節の変わり目などでは頭皮が乾燥しやすく乾性のフケとなりやすく、黒い上着やジャケットなどを羽織った際に肩にフケが落ちてしまっていることがあるので気をつけよう。

全部が全部不衛生にしているからという理由ではない。乾燥からくるパサつきや古い角質層なども原因であるということも頭にいれてほしい。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ