ネイルのカビについて

爪にカビが生えるという事を知っていますか?

最も有名なのは爪白癬(つめはくせん)といい、いわゆる爪の水虫です。爪の表面が白濁し、ボロボロと剥がれていきます。そしてそのまま放っておくと、爪の色が変色したり、爪自体が変形したりします。

万が一、爪水虫になってしまった場合は、すぐに病院にいき専門の医師にみてもらう必要があります。そして最近女性の間で多い爪カビに、グリーンネイルというものがあります。

これは緑膿菌というカビ菌をグリーンネイルと造語を用いて表したものですが、主にその緑膿菌の繁殖が原因です。この菌は湿気の多いところで繁殖しやすく、ジェルネイルやスカルプチャーをしている人に多くみられる爪カビです。

※参考元サイト

 

原因は、ジェルやスカルプと自爪の間にできたすきまといわれています。ジェルやスカルプは長くつけているとだんだん自爪から浮きはじめます。その湿気の多いすき間に緑膿菌が繁殖してしまうのです。グリーンネイルになってしまったら、すぐにネイルを取り、殺菌消毒しながら、経過を見てください。それでも治らない場合は自己診断は避け、病院に行きましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ