デジタルパーマ

技法としては、熱を出すロッドを巻き込んでパーマ液をかけるという
熱+薬液の併用パターンです。

熱を併用すると、髪の毛が乾いたときに元の形に戻ろうとする力が強まるのです。
ですから形状記憶パーマと呼ばれるわけです。
やってることはホットパーマとほとんど変わりません。
ただ器具が発達したおかげで重たい暑い長時間といったホットパーマの
いやな部分を軽減してくれたわけです。
ですから名称はデジタルパーマと変わっても、基本はホットパーマというわけです。

*デジタルパーマのメリット*
昔のホットパーマでは頭皮を焼いちゃうような短めの髪にもかけることができます。
これは昔と違って低温で、デジタルで細かい温度調整が制御できるからです。
そして形状記憶の名の通り、乾かすことによって高い再現性が得られること、
長期間にわたってパーマが持続すること、仕上がりに軽い感じを出すことが出来ること
などがあげられます。また、各メーカーが揃ってダメージヘアーにもかけられると
表記しているのもポイントです。

*デジタルパーマのデメリット*
まずは毛のあまり薄い人には勧められないこと。効果が実感しにくいようです。
また、通常のパーマに比べて時間がかかる上に、ホットパーマから見れば
軽減されたとはいえ熱くて重いのも事実です。
また、熱によって髪の蛋白質を変性させますから
(そのおかげで長期間パーマが持つんですが)後でストレートパーマをかけたとしても
100%元には戻りません。こうしたデメリットもちゃんと把握しておいてくださいね。

参考

画像参考

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ