ストレートパーマと縮毛の違い

(参照:髪 CUT HOUSE BIGI)

ストレートパーマは、基本的にはパーマをかけたヘアを元に戻す時などに使うことが多いです。

クセっ毛などを強制できるほど強くはないので多少のクセは直せますが基本的にはあまり効果はないと思います。

ちなみに 縮毛矯正は、前述の続きとなりますが強いクセっ毛の方を強制するという目的で行う少々強めの薬剤を用いた方法です。

ストレートパーマは、髪の表面だけをまっすぐにしていくのに対し、縮毛は髪の細胞自体に働きかけクセ自体を強制していきます。

なので、ストレートパーマは1、2ヶ月で効果が薄れることがあります。しかも、くせ毛が強い人ならその可能性は高くなります。

縮毛矯正は、イメージ的には髪の細胞を一度分解し、髪のうねった部分をなくして、髪をまっすぐにした状態で細胞を固めるようなイメージの処方です。だから、持続性も高いです。

※参考サイト

このことからも、きれいなストレートパーマにしたい人は、縮毛矯正がおすすめです。
雨の日もストレートパーマは、髪が広がってしまうことがありますが、縮毛矯正では広がる心配はありません。

しかし、細胞を分解する縮毛矯正では髪にダメージが残るので、パーマ後のケアが重要になってきます。

また、縮毛矯正を何度も重ねることで、髪へのダメージの蓄積により、縮毛矯正の効果がでなくなる人もいます。

ですので、縮毛矯正をした場合は、髪のケアと状態の把握はしっかりする必要があります。

さらに大きな難点が、ストレートパーマも縮毛矯正も新しく生えてくる髪に関しては、ストレートな髪ではなく、くせ毛の人はくせ毛の状態で生えてくるのです。

※参考サイト

ですので、常にきれいなストレートヘアーを保つには、髪が伸びるたびに処方に何時間もかかる縮毛矯正をあてる必要があるのです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ