スタイリストのランク違い

各美容室ではスタイリストによってランクが伴いそれによって指名料やカット料金が大きくことなる場合があります。

※画像参考:茨城県つくば市ANEEX

大体はアシスタントからスタイリスト、トップスタイリスト、ディレクター、チーフなど店舗により呼び名は異なるが大体はこんな感じだろう。

※画像参考:中央区 銀座 勝どき 佃の美容室 ヘアサロン FEERIE フェリー

ちなみにインターンと生は、美容師免許をまだ取得していなく、見習いの状態で、一般に中間生とは、カットにまだ入れない人をさし、スタイリストからは、カットも全てできる人を指します。

アシスタント練習風景
※画像参考:伊勢市シゲルカットクラブ

スタイリスト、トップスタイリストとの差は、店内で、各種技術をくしして、目指すスタイルを作り上げれた場合(店内のテストに合格する場合)もしくは、お店によっては、スタイリスト暦何年たつと、としているお店もあります。よって、お店によって、技術の差(テストが厳しいかどうか等)があります。

もちろん経験年数が多ければ昇格していくスタイリストも多いですが美容師の技術というのは一種のセンスが大半を占めていると思います。

ある店のトップスタイリストがとても上手だったからといってどこのお店でもトップスタイリストが上手なわけではないということです。

自分の呼吸にあった、好みをわかってくれて要望にできる限り近く納得のいくようなスタイリストを見つけることが一番いいのかなと思います。

そのため経験をつんだトップスタイリストやチーフクラスになるとそのスタイリスト探しにより近づきやすいのかもしれません。

ちなみに、美容院ではなく、面貸しサロンにはフリーの美容師が在籍しているので、カウンセリング~シャンプー~カット~仕上げまで1人の美容師が担当してくれるのでより、お気に入りの美容師が見つけやすいかもしれません。

※画像参考:MIRRENTA

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ