シャンプーの種類

近年、ノンシリコンシャンプーやアミノ酸系シャンプー・オーガニックなど様々な髪に良いとされるシャンプーが話題をよんでいます。

しかし結局のところそれぞれの特徴もイマイチわからないしシリコンはなぜノンシリコンの方がいいといわれるのか・・・市販のシャンプーははげるってほんと!?など都市伝説にも近い話題を含め解説していきたいと思います☆

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ーシャンプーの種類についてー

①【石けん系・「石けん分」「石けん素地」「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」
「ラウリン酸ナトリウム」「ラウレス-3酢酸Na」等表示】
界面活性剤の原料に石けん(脂肪酸ナトリウム)を使っているシャンプー。天然成分で作られているので、人体に安全。自然派、無添加の製品が多い。洗浄力が強く仕上がりがさっぱり感がある。短所としてアルカリ性なのでリンスが必要。脱脂力が強いので髪の毛がパサつく。水中のマグネシウムと反応し、石けんカスが出ることもある。
  ※参考サイト 

②【高級アルコール系・「ラウリル硫酸~」「ラウレス硫酸~」「アルキル硫酸~」「パレス硫酸」「硫酸塩ラウレス」等表示】

主に石油から作られていて、硫酸Na(塩)とつくものが多い。いわゆる市販のシャンプーがコチラのタイプが多い。高級とは「高価」という意味ではなく、化学構造的に「炭素(C)の数が多い」と言う意味である。価格が安く、他の成分と加工がしやすいので、大量生産が可能。洗浄力が強くて、泡立ちがよい。しかし、アレルギー反応や毒性があり、皮膚や人体に影響があると言われている。洗浄力が強い分、髪の付着したシリコンによってそのままキューティクルごと洗い落としてしまうのが難点である。泡が生分解しないので、環境汚染の原因の1つともなっている。
   ※参考元サイト 

③【両性系】
界面活性剤に両性界面活性剤を使っているシャンプー。皮膚にも低刺激で、ベビーシャンプーに使われることが多い。洗浄力は強くない。

※参考元サイト

④【アミノ酸系・「ココイル~」「コカミド~(ヤシ油脂肪酸)」「ラウリン酸」「ミリスチン酸」「ラウロイルメチルアラニンNa」等表示】

アミノ酸系シャンプーは合成のものと天然のものに分けられます。共通点は弱酸性でお肌にやさしいということです。
合成アミノ酸系シャンプーは普通の頭皮状態の人向きのシャンプーですね。しかも、これは毎日シャンプーを欠かさないなど、髪を洗う頻度が多い人には特に適しています。毎日洗っても低刺激なので、髪や頭皮を傷めることなく、さっぱりと洗えます。
一方、天然アミノ酸系シャンプーのほうは、すべてのシャンプーの中で一番低刺激とされています。合成アミノ酸系シャンプーが普通肌用なのに対して、これはアレルギーを持っている人やトラブル肌の人に向いています。天然資源で作られているため、大事な皮脂も取りすぎない高い安全性が特徴と言われています。人体に近い成分で作られているので、安全で安心。皮膚にも低刺激。弱酸性である。コンディショニング効果があるので、髪の毛にもやさしい。一つ言えば洗浄力が強くないが不必要なものだけを洗い流してくれる選択洗浄が可能。泡立ちはあまりよくない。天然アミノ酸系のシャンプーは非常に価格が高い。

※参考元サイト

上記にあげたもの意外にも脂肪系などまだまだ細かくあげていけばたくさんあります!割と一般的に販売され馴染みがあるのが上記の種類になるかとおもいます(^^)
髪や環境を考えた上でもやはりアミノ酸系シャンプーはいいですね(^^)
今では市販でも取り扱いし始めているので割りと購入しやすくなってきています。実際に使い比べてみて実感してみるのが一番いいかもしれませんね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ