キューティクルの役割

キューティクルとはなじみのある言葉であるかと思います。役割としては髪の表面を保護し、水分を吸収し保持してくれます。

しかし乾燥や薬剤などでキューティクルがはがれ落ちてしまうと水分を保持することができなくなるので髪の繊維がまとまらずにさけてしまったりそれが枝毛となります。

※参考サイト

自然乾燥がいいというのは間違いである。髪の毛は濡れている状態がもっとも傷みやすくキューティクルにおいては開いてしまっている状態なんです。

そんな状態で外にでてしまうと紫外線に弱いのでぱさつきの原因になり先ほど言ったように切れ毛や枝毛の原因になります。

ドライヤーを正しく使ってしっかりブローするのが一番ベストです。
くしにぴったりくっつけるくらい近づけてしまえば、もちろん高温で髪はオーバードライになります。
20センチくらい話した場所からあて、根元からではなく毛の流れにそって上からドライヤーをあてるのがベストです。

正しくドライヤーを使ってきれいな艶と潤いを保ちましょう

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ