カツラの使用方法

カツラ装着方法は一般的に、ピン、両面テープ、編み込み式、接着剤と色々あります。
また、メーカにより独自の装着方法で施術している場合もあります。

《ピン固定装着法》
ピンでの装着は、初めてカツラを装着される方に多く見られます。
ピン書の場合には若干製品と地肌の部分に段差ができます。自宅で着脱可能で初めてカツラを使用される方には簡単な装着方法です。
ピンは消耗品ですから定期的に交換が必要です。

《両面テープなどの装着》
地肌に密着しますから自毛と製品の境目が目立ちにくいです。
ご自分で着脱ができ大変便利ですが、ご自分の毛髪を剃って装着する事もあります。
両面テープの種類が多く製品に合ったテープを選びましょう。

《編み込み装着法》
この式装着は、水泳、ゴルフ等のどんなスポーツ時でも安定感があり安心してチャレンジできます。
編み込み式は、頭の周囲に特殊な糸を使い自毛と糸を三つ編み状に編み込んで行き、
カツラを着けるベースを作り、次に頭の周囲に作ったレールにカツラを装着します。(特殊な糸でカツラを縫い付けるように)
編み込み装着は糸だけで装着しまうから、健康診断時のMRI等の診察時でもカツラを取る事無く診察できます。
また、会社、友人との旅行時も安心してシャワーもお風呂も使用できます。
(メンテナンスは月1回程度の編み込みの直しが必要です)
(参照:編み込み式増毛)

・接着剤での装着は、生え際部分に使用する場合や自毛を剃って装着します。

※参考元

・その他の装着方法は、ホック、テープ、マジックテープ又は、特殊ピンを使用するこもあります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ