エクステンションの歴史

2000年頃から、10代~20代の女性を筆頭に流行はじめ、当時は約8万円前後の高額なものでした。これは、当時のエクステの技術者が不足していたことが大きな要因でした。また、当時はエクステの専門バイヤーが中国人やモンゴル人の長い髪を買いつけ加工して使用していたのです。その後、中国でもエクステが広まり、人毛が不足して、日本における人毛エクステの値があがったのです。
また、人毛以外の素材、化学繊維などもエクステの素材として普及されています。

接着剤や金属チップ、特殊な熱収縮チューブや糸ゴムなどを使って、本来生えている髪の毛に取り付けたり、編み込んだりする。一度装着すると、装着方法や毛質などにも依るが1~2ヶ月程度持ち、シャンプーをしても落ちない。 一般では化学繊維と人毛の見分けは付けにくい。ただ、人毛やたんぱく質毛の場合はアイロンなどの使用に耐えられるが、化学繊維などの場合の多くのものは、アイロンなどの熱処理は避けるべきであり、縮れたり熔けたりする場合がある。人毛と化学繊維の見分けが付かない時は装着する際に、人毛か化学繊維かを確かめておくことは重要である。


エクステは、自在に長さを変化させたりパーマや編み込み、髪の色や髪型を変えるなどが自在にできる為、2000年頃から10代~20代前半の女性の間で爆発的に普及した。 エクステの出始めは、前記でも述べたようにエクステを付ける技術者が少なかった為、人毛で8万円程する高価なもので、最初はホステスなどの間で広まった。 その後、渋谷系ギャルを中心にした流行も、現況では、幅広い層に定着している。そして、その渋谷が今や世界一のエクステサロン激戦区ともなっている。中国人やインド人が長く伸ばした髪を加工(染色・コーティング)した製品が日本をはじめ、世界中で使用されている。 装着後にパーマやカラーもできるが、キューティクルコーティングが剥がれてしまいダメージを受けるので避けるべきである。 ヒューマンヘア(人毛)と形状記憶毛を混ぜたエクステや人工たんぱく質毛も存在している。

100%ヒューマンヘアでのエクステは、毛質などにも依るが超音波やシールで1本120円、編み込みで1本350円程が平均である.

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ