エクステの種類~人工毛~

 

人工毛はファイバーの他にもあります。

 

人工毛→形状記憶毛と呼ばれていることが多く

この毛に関しては、ファイバーと違い

コテ、アイロン、ドライヤーは使用可能。温度にして大体~170℃くらいがベストでしょう。

温度が高いと人工毛自体がフニャフニャになってしまうので注意して下さい。

人毛100%とは違い、人工毛なので色落ちせず

水分も含むことなく、はじくので乾きが早い、うねりが出ない、広がらない。

そして巻きの持ちが良い。

というメリットがあります。

しかし、毛1本1本が細い為絡みやすい、毛先がちりつく、

束感が出やすい、といったデメリットもあります。

 

巻き方も少し手間のかかる巻き方になるのですが、やり方さえマスターすれば

雨の日でもカールはとれず、2回くらいシャンプーしてもカールはキープされます。

形状記憶毛のウエーブエクステに関しては、パーマがかかっているわけではないので

ストレートに伸ばしてからお風呂に入っても

「形状」が「記憶」

されているわけですから、もとのウエーブの状態にはなりません。

ドライヤーで乾かす時も1箇所にずっと当てているとウエーブがだれやすくなるので

離して全体的に風を当てるか、coolで下から上に当てるようにして乾かしましょう。

 

 

人工毛(形状記憶毛)の巻き方の動画です。

 

動画参考資料

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ