アホ毛の原因対策

アホ毛とは整えた髪の毛からまとまらずに頭頂部からツンツンはねてしまっていたり広がってしまったりしている少量の髪の毛のこと。

※参考元サイト

ちなみにアホ毛という名前の由来は特にはないようだが1970年〜1980年頃には存在していたとされ、少なくとも1990年頃には関西地方の若者言葉として広まっていた

原因においては女性ホルモンの影響が大きくあり、髪が切れてしまうことでアホ毛が目立ちやすくなり、頭頂部あたりにでやすいと言われている。新しく生え変わり始めた短い毛も同じように立ってしまったりすることもある。
不規則な生活でホルモンバランスが乱れていたり、妊娠を機に切れ毛が増殖してしまう方も多い。妊娠中は仕方がない部分もあるが、それ以外の方はホルモンバランスを整えるようにするのが望ましい。

直そうと思っても以外としぶとくてなかなか直らないというアホ毛は女性の的!美容師風の直し方はコームにハードスプレーを吹きかけて優しくなでるようにアホ毛にむかってブラッシングをするというのが効果的なようだ。

 

 

 画像参考サイト

 

 

 

対策としてはそもそもアホ毛にしないということだろうがそこは根本的な問題なのでちょっとおいておいて、無理矢理のブラッシングや過度のブリーチ、スタイリング剤の残留などが原因になりやすいので注意すべきポイントだ。

 

 

ワックスつきのブラシも売られているようだ

これはブラシにワックスが付いているため、ブラシで髪をとかしながらもワックスが付いてくれるため、少しは対策できそうな商品。

  画像参考サイト

 

 

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ